目の疲れや乾きを癒(いや)し、頭痛を和らげる“菊花”きっか
ホーム > 目の疲れや乾きを癒(いや)し、頭痛を和らげる“菊花”きっか

目の疲れや乾きを癒(いや)し、頭痛を和らげる“菊花”きっか

2015年08月25日(火)5:01 PMスタッフブログ, 野菜

こんにちは、スタッフの健康ブログの時間です(^^)

今日は、目の疲れや乾きを癒(いや)し、頭痛を和らげる
“菊花”きっか をご紹介します!

kiku

目の症状に特に効果があるとされ、眼精疲労や充血、
ドライアイ、かすみ目などの解消に役立ちます。

さらに、目のトラブルに伴う頭痛、めまい、のぼせといった
症状の暖和も期待できます。

日本では生食がポピュラーですが、中国では
小ぶりの菊花を丸ごと乾燥させ、生薬やお茶に使います。

体にたまった熱を冷まして余分な水分を代謝させるので、
デトックス効果が期待でき、吹き出物や便秘改善にも有効です。

 

9月~12月

選び方

色が鮮やかでみずみずしく、形が美しいものを選びましょう。

花弁が茶色く変色したり、しおれているもの、
ガクがしおれているものは避けましょう。

 

主な栄養素

カリウム、カルシウム、鉄、
マンガン、ビタミンB1、B2、
などが豊富に含まれています。

食べ合わせ

アサリ⇒眼精疲労、ドライアイに効果的!

≪菊花とアサリの酢の物≫

菊花にアサリの水煮を加えて、酢の物に。
どちらも肝を補う働きをもつ食材なので、
眼精疲労やドライアイに効果があります。


【アドバイス】
西太后(せいたいこう)も愛用したお茶で
たかぶった気を鎮めリラックス

中国の清朝末期の権力者・西太后は、
強いストレスにさらされていたため、

菊花のお茶を愛用していました。
菊花のお茶はイライラを鎮める効果が強く、
気分が落ち着くと言われます。
日本でも、中国茶専門店や
中国食材店などで、購入できます。

【スタッフの健康ブログ】カテゴリー一覧

おすすめの野菜
もっととりたい果物
穀類
ナッツ類
もっととりたい魚介
おすすめハーブ・香辛料
肉、卵、牛乳
体に良い飲み物
調味料、油
おすすめ生薬

ランキングに参加中です。
↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村

=================

【長崎市の治療院】整体マッサージ師も通う、すこやか整骨院

≪アクセス≫

長崎駅から車で12分
新戸町インターから1分。大山入口バス停目の前です。
長崎県長崎市新戸町3丁目24-11 馬場ビル1階

 
≪保険診療受付時間≫
(月・火・水・金)9:00~11:30 / 15:00~19:00
   (木)     9:00~11:30(木曜午後は休診)
   (土)   9:00~13:00
※自費診療は完全予約制です。
 
≪休診日≫
日曜・祝・祭日

≪お問い合わせ≫
「ホームページをみて」と、
お気軽にお電話ください。
095-879-2843



«   |   »

▲ページの先頭へ