芳醇(ほうじゅん)な香りでせきを止める“かりん”花梨
ホーム > 芳醇(ほうじゅん)な香りでせきを止める“かりん”花梨

芳醇(ほうじゅん)な香りでせきを止める“かりん”花梨

2015年10月23日(金)3:15 PMスタッフブログ, 果物

こんにちは、スタッフの健康ブログの時間です(^^)

今日は、芳醇(ほうじゅん)な香りでせきを止める
“かりん”花梨 をご紹介します!

karin8_L

せき止めや痰(たん)切りの効果が有名な花梨。

果実は渋みや酸味が強くてそのままでは食べれませんが、
熟すにしたがってフルーティな香りが強くなります。

一度木から落っこちているかりんの匂いをかいだことがありますが、
それはもう、かじり付けそうなぐらいフルーティーです(^^)

でも実際はカチカチでとても食べれないんですよね。

せきや痰(たん)、のどの炎症の改善効果はこの香り成分にあるそうで、
古くから榠櫨(めいさ)(和木瓜)ワモッカという生薬として使われています。

肺を潤すので、ぜん息の改善にも有効と言われていて、
ビタミンCやクエン酸、リンゴ酸などが疲労回復効果も期待できるそうですよ。

10月~11月

選び方

ツヤとハリがあり、香りが強いものを選びましょう。

主な栄養素

クエン酸、サポニン、タンニン、
ビタミンC、リンゴ酸、
などが豊富に含まれています。

食べ合わせ

なしはちみつ⇒せき止めに
[かりんと梨のハチミツ漬け]
秋から冬の喉の痛みやせき止めとしておすすめしたいのが、
かりんのハチミツ漬けです。
合わせて梨を漬けるとさらにおいしく、肺を潤す効果も
アップします。
種にも薬効があるので、一緒に漬け込みましょう。

【アドバイス】
多様な効能で知られ
昔からさまざまに利用

中国では古来その効能の多様さを、
「杏一益、梨二益、かりん百益」と評してきました。
室内の芳香剤や衣類に香りをつけるためにも
用いられたといわれます。

【スタッフの健康ブログ】カテゴリー一覧

おすすめの野菜
もっととりたい果物
穀類
ナッツ類
もっととりたい魚介
おすすめハーブ・香辛料
肉、卵、牛乳
体に良い飲み物
調味料、油
おすすめ生薬

ランキングに参加中です。
↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村

=================

【長崎市の治療院】整体マッサージ師も通う、すこやか整骨院

≪アクセス≫

長崎駅から車で12分
新戸町インターから1分。大山入口バス停目の前です。
長崎県長崎市新戸町3丁目24-11 馬場ビル1階

 
≪保険診療受付時間≫
(月・火・水・金)9:00~11:30 / 15:00~19:00
   (木)     9:00~11:30(木曜午後は休診)
   (土)   9:00~13:00
※自費診療は完全予約制です。
 
≪休診日≫
日曜・祝・祭日

≪お問い合わせ≫
「ホームページをみて」と、
お気軽にお電話ください。
095-879-2843



«   |   »

▲ページの先頭へ