肩の痛み(腱板損傷)
ホーム > 肩の痛み(腱板損傷)

肩の痛み(腱板損傷)

2014年08月22日(金)10:59 PMお知らせ, ブログ, 症状別ページ
当院にはスポーツをしている方が多く来院されますので、
肩の腱板の損傷をされている方も数多く診てきました。
 
腱板
私自身、ラグビー、柔道、空手など、
コンタクトスポーツが好きで、
今でも続けていますので、たくさん怪我をしてきました。

ですから、肩の痛みの辛さは、
文字通り「痛いほど」分かります。

こちらに、当院の腱板損傷に対する考え方を
書いておりますので、じっくりご覧になってください。

腕が上がらない


・スポーツでケガをして、腕が上がらなくなった
・腕は上がるが、すぐにきつくなる
・重いものを持って、肩に痛みが走った
・病院でレントゲンを撮っても、なんともないと言われた
・病院で40肩、50肩と言われた
・腕全体がだるい

このような方が、すこやか整骨院に来院されます。

腱板(けんばん)とは、肩の関節を構成する、
インナーマッスルと言われる筋肉の集まりの事です。

細かく分けると、棘上筋棘下筋小円筋肩甲下筋
という4つの筋肉のことを指すのですが、
筋肉ですので、損傷してもレントゲンには写りません。

ですから、病院でも見過ごされることの多い症状です。

 

腱板損傷の方にはこんな治療をします

 
kata
まず、問診・触診にしっかりと時間をかけ、
どの程度、肩の組織が損傷しているか判断します。

その際、MRI等の精密検査を受けた方が良いと判断すれば、
整形外科などの病院をご紹介いたします。

筋肉の完全断裂など、症状によっては、入院や手術が
必要になる場合もございます。

整骨院で対応できる症状の場合は、
国家資格である柔道整復師のソフトな手技で、
施術を行っていきます。

ボキボキする整体や、
グイグイ押すような無理なマッサージはせずに、
患者さまと呼吸を合わせて、ゆっくりと進めていきますので、
安心してご来院ください。

基本的には「痛くない施術」を心がけております。(^^)

※たまに痛いことをする時もあります(苦笑)

その日の施術が終われば、
自宅でできるエクササイズの指導や、
理想の通院間隔のお話をして、終了となります。

 

腱板損傷で来院された患者さまの声

こちらに、当院に肩の痛みで来院された方の、
実際の声をいただいておりますので、是非参考にされてください。
 

A・Sさん (70才/女性/主婦)

 
as

すこやか整骨院には開院以来、お世話になっております。
 
60代の頃は、正座が出来なくなり、大変苦労しましたが、
毎日のように通院し、長くかからずに良くなりました。
 
近日は肩が痛む為、外科でレントゲンを撮り「異常がない」
と言われたので、すこやか整骨院へ行くと、
先生よりMRIを撮ったらと、勧められ、その結果、
肩の筋肉の断裂とわかり、それに合った治療が出来て
1ケ月半位で改善し、そろそろ趣味の卓球をはじめようと
思う近頃です。
 
先生、受付さんの2人、共に感じの良い人達です。
======================

当院は、このような嬉しい声をいただいている整骨院です。

もしあなたや、あなたの大切な方が、
肩の痛みでお悩みでしたら、

お気軽に、すこやか整骨院にご相談ください。

お問い合わせ

当院では、患者さんの一番都合の良い時間に来院していただきたいので、

保険診療を行う場合は、予約は必要ありませんが、
初診の際は、一度お電話をいただいてからのご来院がスムーズです。


※自費診療やインソールの作成は、
必ず予約が必要となります。



「ホームページを見たんですが・・」
「こんな症状も診てもらえるの?」

などと、お気軽にお電話ください。




※メールは
24時間対応しております。

アクセスマップ

住所:長崎市新戸町3丁目24-11 

大きな地図で見る



«   |   »

▲ページの先頭へ