当院のコロナウイルス感染症対策について
ホーム > 当院のコロナウイルス感染症対策について

当院のコロナウイルス感染症対策について

2020年04月04日(土)4:43 午後お知らせ, ブログ

コロナ対策長

コロナウイルス感染症の拡大に伴い、世の中では様々な変化が起きていますが、外出する事に不安を感じておられる方も多いと思います。

そこで、当院が行っています感染拡大対策の取り組みと、患者様にご理解・ご協力していただきたいことについて、書いていきたいと思います。

※追記あり

院内での取り組み・お願い

①咳エチケット

咳エチケット

咳やくしゃみをする際には、周囲に飛び散らぬよう、咳エチケットの徹底をお願いしています。

②手洗い・手指の消毒

アルコール消毒液や薬用せっけんをご用意しておりますので、ご利用ください。

③1時間に1回(約3分間)の換気

常時、換気扇での換気は行っておりますが、定期的に窓を開けて空気の入れ替えをしますので、肌寒い時があるかもしれません。

※追記:現在は気候も良くなってきましたので、常時窓を開けっぱなしで換気しています。加湿器や暖房も使うので、CO2をいっぱい放出しています(^^;)

④ベッドや施術器具などのこまめな消毒。

患者様が帰られるたびに消毒を致しますので、ご案内する時間が多少遅れる事があるかもしれません。

⑤スタッフ全員のマスク着用。

使い捨てが手に入らないので、母特性の「手作りマスク」を愛用しております(^^)

※追記:患者様にも可能な方はマスクの着用をお願いしております。

※追記:⑥予約による混雑の軽減

保険診療の方でも予約ができるようになり、待合室での混雑が殆どなくなりました。

※追記:⑦スタッフ、患者様の検温の実施

スタッフは毎朝検温を実施していたのですが、患者様に対しても非接触型の体温計での検温を始めました。37.5度以上ある方には施術をお断りしております。

感染の疑いがある場合のご来院はお控えください

厚生労働省のホームページでは、

(1)風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

という場合には、「帰国者・接触者相談センター」に相談するよう促しています。

もし、そのような症状がみられた場合は、整骨院への来院を自粛し、専門機関にご相談いただきますよう、お願いいたします。

※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、風邪の症状や37.5℃以上の発熱が2日程度続く場合、又は強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)があれば、相談した方が良いそうです。

みんなでこの状況を乗り切りましょう

この1ヶ月で世の中の状況はどんどん悪化していますが、私自身も、小学生がずっと家にいたり、卒業式が短縮になったり、出張での講演が無くなったりと、かなり日常とは違う生活を送っています。

中にはもっと厳しい状況で生活している方もおられると思いますが、上手くストレス発散しながら、お互いに協力しながら、この状況を乗り越えていきましょうね(^^)

【長崎市の整体】すこやか整骨院



«   |   »

▲ページの先頭へ