外反母趾
ホーム > 外反母趾

外反母趾

gaihanboshi

足の専門家であるすこやか整骨院には、
外反母趾で悩む方が遠方からも来院されています。

また、保育園や学校などで「足と靴の健康教室」を開催する中で、
現代っ子の足の変化を日々実感しております。

もしあなたが、外反母趾の痛みや変形でお悩みでしたら、
当院の外反母趾に対する考えを是非お読みください。

外反母趾とは

外反母趾、すこやか整骨院

外反母趾(がいはんぼし)とは、
足の親指が、指のつけ根の関節の部分で、
外側へ曲がった(外反した)状態をいいます。

親指の骨全体が、ひらがなの「く」の字のように
変形しているのが特徴で、
痛みが無い方もおられますが、
酷い方は、痛みで歩くのもままならない状態で来院されます。

このような方が外反母趾の悩みでご来院されます

・歩くたびに痛みがある
・変形した指の見た目が気になる
・親指と隣の指が当たってタコができている
・足に合う靴が見つからない
・市販の外反母趾グッズや、専用靴を履いてもよくならない
・手術をしたが、痛みが再発している
・足の裏が硬くなっている
・外反母趾なのか、強剛母趾なのか、そもそも自分の状態が分からない

次に、多くの方が知らない、「外反母趾の原因」について、 書いていきます。

ハイヒールが原因では無かった!

heel

 

外反母趾の本当の原因は、ハイヒールを履くことではありません。

正確には、ハイヒールも原因の1つですが、
『成長期に足に合わない靴を履くことが、外反母趾の1番の原因』
だという事が分かってきました。

大きすぎる靴を履くことで、靴の中で足が滑り、
土踏まず(アーチ)が崩れ、足指に強い負担がかかった結果、
外反母趾や内反小趾などの変形を引き起こしてしまいます。

対策①ひも靴を履く

外反母趾の原因には内因的(先天的)なものもあり、
全てを取り除く事は難しいですが、
足に合ったひも靴を履き、きちんとひもを絞めることで、
足の土踏まずが支えられ、外反母趾の痛みを予防できます。

対策②テーピング

テーピングも、外反母趾には効果的です。
「かぶれやすい」「定期的な貼り直しが必要」という面倒な部分もありますが、
有効な外反母趾対策の一つです。

対策③インソールを作成

当院で最もご要望が多く、効果的なのがオーダーメイドインソールです。

足に合ったインソールを作成し、靴の中に入れることで、
足への負担を減らすことが可能です。

すこやか整骨院の外反母趾治療

当院では、あなたの足の状態をしっかり検査した上で、
最適な靴のご提案やテーピング、
オーダーメイドインソールの作成
を行いますが、
こちらではインソールの作成手順をご紹介します。
 

①足の計測

32

まず、足のサイズや幅(ウィズ)、足底圧の計測を行います。

その後、立ち姿勢や歩行をチェックし、
外反母趾の原因になっている悪い動きが無いか確認していきます。

②靴の相性チェック

furamenco

足の計測結果を元に、靴との相性を確認します。

足に合わない靴に、いくら良いインソールを入れても、
効果は期待できません。

もし、靴が合っていない場合は、
当院で購入していただくことも出来ますし、
お店で購入する際のアドバイスもいたします。
 

③オーダーメイドインソール作成

すこやか整骨院、外反母趾

人工筋肉(ソルボ)という素材を専用のグラインダーで削り、
インソールを作成します。

ここまでの工程を1時間ほどで行い、
1~2週間、実際に使っていただいた後、
次のご来院時に微調整を行い、完成となります。

※基本的には2回目のご来院時に完成します。
ご都合により、どうしても1日で完成させたい場合など、
柔軟に対応いたしますので、ご相談ください。

お問い合わせ

インソールのご予約、外反母趾のご相談は、
「ホームページをみて・・」
と、お気軽にお電話ください。

アクセスマップ

住所:長崎市新戸町3丁目24-11
大きな地図で見る

▲ページの先頭へ