陸上選手の為の、自宅でできる腸脛靭帯炎のストレッチ
ホーム > 陸上選手の為の、自宅でできる腸脛靭帯炎のストレッチ

陸上選手の為の、自宅でできる腸脛靭帯炎のストレッチ

2015年10月19日(月)12:36 午前ブログ, 信頼できる治療家, 症状別ページ

先日は長崎市で小大会こと、
第53回長崎市小学校体育大会が開催されましたね。

4e1eb20baabc59cdfd7377613c360de1_s

当整骨院にも、大会の1週間前に、
陸上競技に出場予定の小学校6年生の女の子が来てくれました。

その子の痛みの箇所は右の膝から太ももの外側にかけて。
いわゆる腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)という、
ランナー膝とも言われるの症状でした。

整骨院に来てくれた時は、全力で走る事が出来ず、
走った後には特に痛みが強まり、他の運動にも支障が出ていたので、
施術とテーピング、ストレッチ指導、大会までの運動量の指導などを行い、
自分でコツコツやってもらいながら、大会に臨んでもらいました。

そのとき指導したストレッチというのが、
コチラの動画で紹介されているのと大体同じものです。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)ストレッチ編

この動画は、勉強会でお会いして以来仲良くしていただいている、
府中にある「めんてな」という整体院の倉持江弥先生の動画ですが、
非常に分かりやすいので、
「痛みがあるけど試合に間に合わせたい」
というスポーツ選手の方は是非参考にして下さい。

※動画が参考になった方は、チャンネル登録していただくと、
倉持江弥先生も小躍りして喜ぶと思います(笑)

当院でも患者様に自宅でのストレッチの指導をさせていただく時は、
作成したプリントをお渡しするのですが、
なかなか動画までは準備できてないので、
このように正しい情報を伝えてくれる動画を紹介したりもしています。

ちなみに、今回来てくれた女の子は、
なんと100メートル走で1位になったそうです!

本番は痛みもなく、いい走りが出来たそうで、
こんな記念写真もいただきました(^^)

IMG_2693

ちゃんと競技場の電光掲示板に順位がでるんですね!(^^)

今回のように、試合直前だとしても、
来院してくれれば、その方に合った施術やセルフケアを
指導することが出来ますし、
痛みが無い状態で本番に臨むことも可能な場合があります。

ですので、痛みや違和感があるときは、
まずは整骨院や整形外科、整体院などに受診して、
それから自分に合ったセルフケアを行っていくのが良いと思います。

大事な体の事ですから、
「自分に合った治療」が、一番重要です。

当院はスポーツ選手が凄く多い整骨院ですので、
お悩みの方はお気軽にご相談ください。

関連記事
・陸上の長距離選手にインソール
・ラグビーの国体選手が来てくれました!
・長崎県の子どもの遊び場

ランキングに参加中です。
↓クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 長崎(市)情報へ
にほんブログ村

======================

【長崎市の治療院】整体マッサージ師も通う、すこやか整骨院


≪アクセス≫
長崎駅から車で12分。新戸町インターから1分。
大山入口バス停目の前です。
長崎県長崎市新戸町3丁目24-11 馬場ビル1階
 
≪受付時間≫
(月・火・水・金)9:00~11:30 / 15:00~19:00
   (木)     9:00~11:30(木曜午後は休診)
   (土)   9:00~13:00(土曜は昼休み無し)
 
≪休診日≫
日曜・祝・祭日

お問い合わせ

施術を希望の方、講演依頼の方は、お電話でご予約下さい。
「ホームページをみて」
と、お気軽にどうぞ。

アクセスマップ

住所:長崎市新戸町3丁目24-11 
大きな地図で見る



«   |   »

▲ページの先頭へ