足のタコ、ウオノメ、皮が剥ける対策は?
ホーム > 足のタコ、ウオノメ、皮が剥ける対策は?

足のタコ、ウオノメ、皮が剥ける対策は?

2016年07月03日(日)12:52 午後オーダーメイドインソール, ブログ, 症状別ページ

IMG_5442

見てるだけで痛々しいですが、
これは先日ご来院されたバスケットボール部の中学生(女子)の足の裏です。

本人曰く「もう慣れて痛くない」そうですが、
細菌感染などのリスクもあるので、原因と再発予防についてしっかり指導させていただきました。

タコやウオノメの原因は

タコやウオノメの原因は、

①靴の中で足が蒸れる
②蒸れた状態でこすれる

事です。

スポーツをしているので、蒸れるのはある程度仕方ないですが、
靴の中で足がズレるのは、「靴のサイズ選び」と「ひもの締め方」を工夫する事で改善する事ができます。

まず、蒸れ対策として、このソックスをお勧めしました。

・Itoitex ランニングソックス 5本指

和紙ソックス

この5本指ソックスは、なんと和紙で出来ています。

和紙なので汗を吸収しやすく、乾きやすいので、
蒸れによる皮膚のふやけを軽減してくれます。

次に靴のサイズですが、この患者さんの足を計測してみると、
とても幅が細い足をしていましたので、
バスケットシューズをスリムモデルの物に買いなおしてもらいました。

IMG_5443

※アシックス『GELTRIFORCE 2-SLIM』

この靴にオーダーメイドインソールを作成し、正しい紐の締め方を覚えてもらいました。

実はこの選手は足のほかの部分にも痛みを抱えていたのですが、
タコやウオノメを放っておくと体の別の場所に痛みが出ることは良くあることです。

外反拇趾やモートン病などの症状が出ることもありますし、
腰痛や肩こりの原因にもなりますので、もし足のタコやウオノメが気になる方は、
一度専門家に診てもらうのが良いと思います。

すこやか整骨院でも、足の専門家が「足サイズ計測と検査」を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

メールは24時間対応しております。

関連記事
・高校生のバスケ選手がご来院
・有痛性外脛骨のサッカー選手
・インソールとは

======================

【長崎市の治療院】整体マッサージ師も通う、すこやか整骨院


≪アクセス≫
長崎駅から車で12分。新戸町インターから1分。
大山入口バス停目の前です。
長崎県長崎市新戸町3丁目24-11 馬場ビル1階
 
≪受付時間≫
(月・火・水・金)9:00~11:30 / 15:00~19:00
(木)9:00~11:30(木曜午後は休診)
(土)9:00~13:00(土曜は昼休み無し)
 
≪休診日≫
日曜・祝・祭日

お問い合わせ

施術やインソールの作成をご希望の方は、お電話でご予約下さい。
※ご相談だけでもお気軽にどうぞ。

アクセスマップ

住所:長崎市新戸町3丁目24-11 
大きな地図で見る



«   |   »

▲ページの先頭へ