バレーボール選手の捻挫にインソール
ホーム > バレーボール選手の捻挫にインソール

バレーボール選手の捻挫にインソール

2014年12月05日(金)1:43 午後オーダーメイドインソール, ブログ, 患者様の声

バレーボールは本当に足首の捻挫が多いスポーツです。

l_323

自分では気を付けていても、相手の足を踏んだり、
空中でバランスを崩したりすると、どうしても捻挫の頻度は高くなります。

今回は、大きな捻挫を4回(1回は骨折も合併)繰り返しているという、
高校生の女の子が治療に来てくれました。

この子は、バレーの特待選手ですが、怪我が多くてなかなか練習が出来てないとの事でした。

痛めてすぐに来てくれたので、まずアイシングと包帯固定やテーピングで、痛みや腫れを減らし、
後日、使っているバレーボールシューズをチェックしてみました。

__ 1

すると、やはり足のサイズより、かなり大きめの靴を履いていました。

靴と足とがフィットしていないと、捻挫などのケガが増えるばかりか、
しっかり踏ん張ることができないので、プレーのパフォーマンスもかなり落ちます。

また、外反母趾や強剛拇指、タコ、ウオノメの原因にもなってしまいます。

これはこの子の足型ですが、

__ 2

足の指が変形し、ちゃんと体重がかかってなくて、
足の横アーチと言われる部分も崩れている、
あまり良くない足をしていました。
(ハイアーチでもありますし、足幅もかなり細いです)

__ 3 (1)

この状態で復帰すると、またすぐに捻挫してしまう恐れがあるので、
靴の選び方、はき方の指導と、オーダーメイドインソールの作成を行いました。

>>足底板(インソール)についてはこちら

作ったインソールをバレーシューズの中に入れると、
それまでほとんど出来なかった片足立ちも出来るようになって、
歩行や動きのバランスもかなり良くなりました(^^)

今は復帰して、元気に練習に参加しているそうです。

この患者さんからは、こんな嬉しい感想もいただきました。

M・F さん 女性 (16歳/学生)

バレーボ―ルをしていて捻挫した為、
すこやか整骨院に お世話になる事にしました。
今では飛んでも痛みがなくなりました。
インソールも作って動きやすくなりました。

mf

もし、あなたや、あなたの大切な方が、足のケガや、
バレーシューズの選び方などでお悩みでしたら、
ぜひ当院にご相談ください。

病院とは少し違ったアプローチをいたします(^^)

※当院の足首の捻挫に対する治療方針は、下のページに詳しく書いております。
よろしければ、ご覧になってください。

>>足関節捻挫について

=======================
 
【長崎市の治療院】整体マッサージ師も通う、すこやか整骨院
 
≪アクセス≫
長崎駅から車で12分。
新戸町インターから1分。大山入口バス停目の前です。
長崎県長崎市新戸町3丁目24-11 馬場ビル1階
(地図はページ下部にございます)
 
≪受付時間≫
(月・火・水・金)9:00~11:30 / 15:00~19:00
   (木)     9:00~11:30(木曜午後は休診)
   (土)   9:00~13:00(土曜は昼休み無し)
 
≪休診日≫
日曜・祝・祭日

お問い合わせ

初めての方は、お電話かメールでお問い合わせいただくとスムーズです。

「こんな症状も診てもらえるの?」
「ホームページをみたんだけど・・」
などと、お気軽にご相談ください。

アクセスマップ

住所:長崎市新戸町3丁目24-11 
大きな地図で見る

アクセスについて詳しくはコチラご覧ください



«   |   »

▲ページの先頭へ