『失敗しないランニングシューズの選び方』ミズノウェーブエニグマ6
ホーム > 『失敗しないランニングシューズの選び方』ミズノウェーブエニグマ6

『失敗しないランニングシューズの選び方』ミズノウェーブエニグマ6

2017年01月13日(金)2:58 午後オーダーメイドインソール, ブログ

失敗しないランニングシューズ選び

あなたはランニングシューズをどのように選んでいますか?

当院で足の検査を受けていただいた方には、検査結果をお伝えし、
購入前に必ずチェックするポイントをお教えするのですが、

「何を基準に選んだら良いのか分からない」

という一般の方からの声をよく聞くので、
私が愛用しているミズノウェーブエニグマ6を見本に、
ランニングシューズ選びのポイントをご紹介します!

まずは自分の足を知ろう

足サイズ計測良い靴を選ぶためには、まず自分の足を知ることが大切です。

毎日走っているランニング愛好家の方でも、本当の「自分の足サイズ」と「足幅」を知っている人は少ないと思います。

最近は靴屋さんやスポーツショップでも足のサイズを測ってくれますので、恥ずかしがらずに測ってもらいましょう。

ただ、もしあなたがケガをしていたり、走ると痛みが出るようでしたら、
整骨院や病院などにいる足の専門家にしっかり診てもらうことをお勧めします。

良いランニングシューズとは

では次に、靴を選ぶ時にチェックするポイントを2つ挙げてみます。

1、踵がしっかりしている

踵の硬さ写真のように踵をつまんでみましょう。

踵にしっかり硬さのある靴は、あなたの足を地面の衝撃から守ってくれます。

逆に踵がフニャフニャだと、踵から接地する時に足を捻ったり、オーバープロネーション・オーバーサピネーションと言われる状態になり易いため、ケガが増える恐れがあります。

2、親指の付け根の位置で曲がる

曲がる位置どこででも曲がる柔らか過ぎる靴底は、足が疲れる原因となりますので、お勧めできません。

靴は写真のような位置(足が曲がるところと同じ位置)で曲がるものを選びましょう。

購入前に試しに曲げてみるといいと思います。

 

靴選びでよくある失敗

靴選びの際、ランナーがやってしまいがちな失敗がいくつかあります。

1、大きすぎるサイズ選び

靴のサイズ自分の足を知らない人が多いと先ほど書きましたが、その中でも「自分の足は幅広だ」と勘違いしている人は非常に多いです。

「日本人の足は幅広で甲高」という方もいますが、1000人以上の足計測をしてきた私の記録では、幅広足の人は少なく、逆に足が細いためにシューズの中で擦れてトラブルが起きている人が圧倒的に多いという結果が出ています。

ですので、今までワイドサイズを履いていた方は、
是非一度レギュラーサイズかスリムの靴を試し履きしてみて下さい。

その方が足と靴がフィットし、力強く蹴りだせるかもしれませんよ(^^)

また、男性がレディースを履くのもありです。

レディースシューズは細めの作りの物が多いので、
メンズの靴の中で『足が遊ぶ』ような感覚の方は是非試してみてください。

2、自分のペースに合わない靴

ランニングペース私が愛用しているミズノウェーブエニグマ6は、トレーニング用(ゆっくり走る用)に設定されたシューズですが、スポーツショップに行くと、走るペースに合わせて様々なランニングシューズが置いてあります。

「この色が好きだから」とか、
「速く走りたいから軽いレーシング用を選ぶ!」

という感じで選ぶと、怪我の原因になりますので、それぞれの靴の特徴を踏まえて購入する事が大切です。

特徴を簡単に説明しますと

レーシングタイプ等の軽い靴

長所:軽くて走りやすい
短所:足を支えてくれる機能が少ないので、ケガをしやすい

トレーニングタイプの重い靴

長所:足をしっかり支え、走る動きをコントロールしてくれる
短所:重いので、スピードが出にくい

すごく簡単に書くとこんな感じです。

レース用のシューズは確かに走りやすいものが多いですが、
邪魔しないかわりに足の支えにもなってくれないので、
地面からの負担はすべて足で受け止める事になります。

もちろん膝の痛みや腰への負担などのリスクも増します。

シューズ比較

上の写真右は私のウェーブエニグマ6。
左はインソールを作りに来られた患者様のミズノウェーブエアロという、
レース&トレーニングモデルのランニングシューズです。

同じようなデザインですが、ずっしり感が全然違いますね。

私の個人的な意見ですが、練習で履く場合は、
どのレベルのランナーでもトレーニングモデルを使うと良いんじゃないかと考えています。

そして、しっかり鍛えられている方は、ペースを上げての練習やレースの時だけ、
軽いレーシングモデルを使ってみるのも良いかもしれません。

ランニングシューズ選びまとめ

色々と書かせていただきましたが、

1、まずは自分の足を知る
2、靴の特徴を知る
3、試し履きをいっぱいする

というのがランニングシューズ選びで失敗しない方法だと思います。

ちなみに私のエニグマと同じミズノのトレーニングモデルに、
ウェーブライダーという靴がありますが、
前足部までウェーブが入っているエニグマの方が圧倒的に蹴りだしやすいです。

もちろん値段もちょっとだけ違います。

メーカーが変われば性能もまた変わりますので、
それぞれの靴の特徴を履いてみて感じて、自分の足と予算に合ったランニングシューズを選んでくださいね。



«   |   »

▲ページの先頭へ