ウィルソンの硬式テニスシューズにインソール
ホーム > ウィルソンの硬式テニスシューズにインソール

ウィルソンの硬式テニスシューズにインソール

2017年03月18日(土)12:36 午後オーダーメイドインソール, ブログ, 患者様の声

すねの痛みテニスプレーヤー

すねの痛みで来院された、硬式テニス部の男子中学生から、
このような感想をいただきました。

K・N君/硬式テニス/中学生

「試合でも勝てるようになった」

テニスのプレー中の足の痛みが良くならなかったので、
インソールや治療をしてもらって、痛みもなくなって、
試合でも勝てるようになったので、
すこやか整骨院にお世話になってよかったです。

すねの痛みの口コミ

<院長より>

嬉しいご感想有難うございます。
病院でシンスプリントと診断を受けてからの来院でしたが、
初診時はテニス中のすねの痛みが強く出ていました。

使っていた靴が大きかったので、
ウィルソンのジャストサイズのシューズに変えて貰って、
施術も受けてもらう事で痛みが無くなったようで安心しました。

オーダーインソールを作って最初の試合では、
5試合を痛みなく戦い抜いたという事だったので、
これからも勝ち星を重ねていってくれると思います。

まずは、初勝利おめでとう!

ウィルソンのテニスシューズをカスタム

ウィルソンテニスラケット

彼は最初、プレー中のすねの痛みが続いているという事で来院してくれました。

まずフットプリント(足底圧)を撮ると、
右足は薬指と小指が、左足は中指から外側全部が地面に着いていない、
「浮指」という症状でした。

浮指フットプリント

※赤のペンで書いている指が浮指です。

この浮指というのは、現代人の足にすごく増えている足の変形で、

指で踏ん張れない⇒不安定になる⇒運動能力が落ちる
指で踏ん張れない⇒踵重心になる⇒猫背になる

というように、姿勢や運動のパフォーマンスを落とす原因になってしまいます。

次に、テニスシューズを見せてもらったところ、
足に対して大きすぎる靴を履いていました。

おそらく、この大きすぎる靴が浮指の原因です。

そこで、足のサイズに合ったウィルソンの靴を買いなおしてもらい、
その靴にインソールをお作りしました。

彼の場合はインソールを入れることで足指を使えるようになり、
すねの痛みも無くなりました。

このように、足が原因で体の別の部分に痛みが出ることは良くある事ですが、
根本的な問題は「間違った靴選び」である場合が多いです。

もし、あなたや大切な誰かが、

「体の痛みがなかなか治らない」
「病院に通っていても症状が続いている」

という場合は、お気軽にご相談ください。

>インソールについて詳しくはコチラ

お問合せ

すこやか整骨院では、スポーツシューズ等に
オーダーメイドのインソールを作成しております。

長崎県の整骨院で唯一のA級フットケアトレーナーが
対応いたしますので、お気軽にご相談ください。



«   |   »

▲ページの先頭へ